キャンセル 保存
保存 HTMLを開く 画像 キャンセル
越谷 蒲生の美白フェイシャルサロンエステBerry
 
オーナーエステティシャン木原由佳プロフィール

ご覧いただきありがとうございます!

 

18歳のころからエステティシャン一筋!

エステが大好きで、お客様に喜んでいただけることが

何より幸せです!

エステは幸せと笑顔をつくります♪

 

どうしてエステティシャンになったのか?

なぜずっと続けているのか?

どんな気持ちでエステをしているのか?

 

 

ちょっと長いですがご興味ある方は

是非ご覧ください♪

 

 

 

生い立ち

 

1985年 埼玉県草加市で誕生しました。

 

 

 

 

おっとりした性格で育てやすい子供だったそうです。

 

1歳のころ、若かった両親は離婚。

シングルマザーとなった母は「子供に貧しい思いだけはさせたくない!」と

昼はトラックの運転手、夜はスナックで一生懸命働いてわたしを育ててくれました。

 

小学校1年生のころには、夜は仕事に行く母を見送って

1人でベッドに入り眠る日々でした。

 

たくさんの愛情を受けていたのは子供ながらに感じていたものの

さみしいと思うことも多かった子供時代でした。

 

 

さみしくてもさみしいと言えず、気持ちを抑え我慢することもありました。

子供らしくない大人びた冷めたところのある子供でした。

 

 

学生時代

 

中学校時代は友達に恵まれ、初恋もして(なんと!今の旦那様です)

とても充実したものでした。

 

しかし、このころの私はいつもぶっちょう面。

 

 

 

普通にしているときの顔がこわいと言われ、

 

部活動では

「やる気がなさそう」と同じ部活の子に言われ

 

バイトでは

「やる気がないならやめてもいいよ!」と言われました。

 

 

家庭内では中2の時に今の父と再婚。

 

妹と弟ができ、一気ににぎやかな温かい家庭ができて、

家ではさみしい思いをすることもなくなり笑顔も増えていきました。

 

 

エステティシャンになった頃

 

私が高校生のころ自宅の1室で母がエステサロンをオープンしました。

 

 

 

高校が厳しく、「卒業したらとにかく遊びたい!自由になりたい!」

そう思った私はフリーターになり、パチンコ屋や携帯ショップでアルバイトをしていました。

 

 

 

 

 

そんな頃・・・

母に「エステティシャンをやってみない?」

と誘われました。

 

 

徐々に笑顔は増えてきたものの、基本はぶっちょう面。

愛想の良いタイプでもなく要領も悪い。

 

 

母を始め、周りの人から

「由佳、大丈夫なの?」

「エステティシャンなんてできるの・・・?」

心配されまくるスタートでした。

 

 

年上のお客様と何を話して良いのかわからず、

1人接客するだけでどっと疲れてしまったことも・・・

 

 

エステの施術も、要領の悪いわたしは覚えが悪く

プライドがズタズタになるような言葉をかけられながら

練習しました。

怒られたときは、ただただムカついて悔しくて

何度も何度も泣きました。

 

 

 

 

エステの仕事が楽しくなってき始めた頃

 

私は10代のころ、「肌がきれいだね」と言われたことはありませんでした。

 

日焼けブームで日焼けサロンに行き、黒いファンデーションを

塗りたくっていました。

 

 

 

ファンデーションは塗りたくるけど、

正しいクレンジング方法もせず、メイクを落とさず寝ても平気。

 

ニキビが増えていきました。

父に「なにその肌」と悪気なく言われ、ショックで逆ギレしました。

 

そのころ、すでにエステサロンを始めていた母に相談し、

言われたまま正しいスキンケアをするようにしたら

みるみる肌がきれいになったのです!

 

この時に「ちゃんとお手入れをすれば肌は変わるんだ!!!」

と初めて実感したのです。

 

エステティシャンになってからは、

お肌のことを1から勉強しました。

 

 

今まで知らなかったことばかりで、知れば知るほど

エステの仕事にハマっていきました。

 

19歳でAEAの上級エステティシャンを取得しました。

 

その頃には「勉強したことを生かしてお客様に伝えたい!きれいにしたい!」

 

そんな気持ちの方が勝るようになり、

 

ぶっちょう面の私はいつの間にか本当の笑顔で接客できるようになっていきました。

 

 

お客様に喜んでいただく嬉しさを知り、

 

お手入れによって肌がきれいになっていく喜びを知りました。

 

エステティシャンって楽しい!

そう思うようになりました。

 

 

 

現在のエステBerryに移転。そして転機と試練が訪れました

 

 

一軒家の1室から始まったサロンは、

ありがたいことにお客様も増え、スタッフも増え

3階建ての1階部分を全てサロンにした現在のエステBerryへ移転しました。

 

 

 

毎日、たくさんのお客様にご来店して頂きました。

この頃には母は経営の仕事に完全に回り、

私はチーフとして、現場を任されるようになっていました。

 

 

そんな頃、サロンにとって私にとって転機と試練が訪れました。

私が24歳になったばかりの冬、母が突然他界しました。

 

 

まだ若かった私には人生観ががらりと変わる出来事でした。

 

 

当たり前ですが、なかなか受け入れられませんでした。

いつも行っている美容院で

「おかあさん元気?」と聞かれることが辛くてたまりませんでした。

 

 

そのころから、人には言葉にしなくとも

みんなそれぞれ抱えているもの、悩みがあることを知りました。

 

エステできれいになりたいという気持ちだけではなく

癒されに来ているということを理解できるようになりました。

 

 

 

24歳で経営とサロンワークをする毎日

 

考える間もなくわたしはスタッフ3名を抱え、

サロンを守り経営していく立場になりました。

 

 

18歳から24歳までサロンワークしかしていなかった私には

経営とサロンワークの両立は大変なことがたくさんありました。

 

サロンワークと経営は全く別物だったのです。

 

「自分ががんばらなくてはお店がつぶれる!!!!」

必死な思いで初めての経営と施術を行う日々でした。

 

 

自分の不甲斐なさにげんなりすることもありました。

 

プレッシャーに押しつぶされそうなこともありました。

 

もうやめてしまいたい・・!と思ったこともありました。

 

 

だけど「私がお店を守っていくんだ!」

その思いがあるから頑張ることができました。

 

 

エステサロンオーナーとして、もっと自信をつけたい!と思った私は

25歳の時、エステの国際資格をとろう!と決めました。

 

うまくできなかった時は悔し泣きしながらも、本気で頑張ることの素晴らしさを

実感しながらの学校生活は良い経験になりました。

 

働きながら半年間のスクーリングを終え、国際試験を受け、

無事INFA国際ライセンスを取得しました。

 

 

 

結婚・出産

 

27歳で結婚をしました。

 

中学の同級生である主人と結婚し、環境が変わったことで

私の気持ちにも変化が出てきました。

 

 

結婚したことで精神的に肩の荷がおりて

「自分がやりたいサロンってどんなサロンだろう?」

考える余裕が初めてできたのです。

 

 

私は、なによりお客様の施術に入ることが好き。

ひとりひとりのお客様にしっかり向き合っていけるような

エステティシャンでありたい!

 

 

そこから、自問自答する日々が続きました。

 

 

必死で経営をするあまり、エステティシャンとしての仕事の楽しさや

やりがいを忘れかけてしまいそうになったこともあったことから、

 

「今後は自分らしくサロンをやっていこう!」

そう決めたのです。

 

 

お客様がエステティシャンと1対1で、ゆったりと過ごせるサロンにしたい。

そして売上や時間に追われることなくマイペースに自分自身がゆとりを持って

働きたい。

 

こんな風に思うようになりました。

 

 

当時のスタッフには正直に自分の気持ちを話しました。

それはとても勇気がいることでしたが、理解してくれました。

言いにくいことでも、ごまかさずにきちんと伝える大切さを学びました。

 

 

 

当時のスタッフとは、今では良き相談相手であり、

切磋琢磨しあえるエステティシャン仲間です(たまに飲み仲間です。笑)

 

 

 

 

その後、私は29歳・30歳と妊娠・出産。

現在0歳と2歳姉妹の育児中でもあります^^

 

 

出産を経験したことで、

ホルモンバランスからシミが濃くなったり、

産後の肌あれを感じるようになり、肌の悩みが増えました。

 

寝不足や疲れから、なんだか自分がどっと老けてしまったと感じました。

女性として自信が持てない・・・。

そんな悶々とした気持ちを持っていた時期もあります。

 

 

自分自身がそんな気持ちを味わったことで、

やっぱり女性にはいつまでもきれいになることを諦めてほしくない!

そんな気持ちは強くなりました。

 

 

 

 

私の原点

 

 

母は出来の悪い私にスタッフの誰よりも

厳しく指導しました。

その時は、悔しくてむかつく気持ちしかありませんでした

なんで私ばっかり!!と思っていたし、よく愚痴っていました。

 

でも、今ならわかります。

優しくすることよりも厳しくすることが愛情ということ。

 

 

私がお客様に入ったことで

「お前のせいで客減ったわ!」と母は笑いました。

 

 

こんなこと、経営する立場でふつう笑って言えません。

今ならわかります。私を信頼して任してくれていたこと。

 

 

子供のころからぶっちょう面で、愛想もなく要領は悪い。

 

そんな私が、18歳から今までずっとエステの仕事を続けてこれたのは

厳しく、時に優しく、そして信じてくれたから。

エステの仕事に就くキッカケをくれた母には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

これからもずっと変わらない私の原点です。

 

 

今後の夢

 

そんな母と私の姿を見てきた妹は、なんと夢がエステティシャン!

しかも保育園からの夢。

 

今後は姉妹でサロンをやりながらいつかBerry2号店を出し、

大好きなお客様に囲まれてお仕事をさせていただくことが私の夢です。

 

★2018年・春より妹がスタッフとしてエステBerryに仲間入りすることになりました!

 

 

エステでお客様の幸せと笑顔を増やしていけるエステティシャンでいられるよう、

私自身まだまだ成長していきます。

 

 

 

 

 

保有資格

◆INFA国際インターナショナルエステティシャン

◆AEA上級エステティシャン

◆エキスパート・ファスティングマイスター

◆認定フェイシャルカウンセラー1級

 

保有ディプロマ

◆エクスビアンス

◆スロータスマッサージ

他、多数

 

 

 

 
サロン経営理念
エステで女性の幸せを増やし
美しい本当の笑顔をつくる
  1. 理念の理由はこちら>>>